2013年10月25日

巻き爪の再発防止策は?

巻き爪は再発防止を考えておきましょう。
中には、2度3度と巻き爪を起こしている人までいます。

巻き爪対策

巻き爪対策

一度治った巻き爪の再発防止は自分で簡単にできる予防対策を講じましょう。

足の爪は、正しく切りましょう。
特に親指の爪の切り方が大切です。

絶対に深爪にしないことです。

切った時には、深爪したけど大したことない・・・と思っていても、
歩行時にかかる圧力は思いのほか強いため、
靴があっていないなどが重なると爪が皮膚に食い込んでしまいます。

こうなると自覚はないかもしれませんが、敏感に脚の筋肉が反応します。
歩き方がおかしくなったり、指先の筋力が低下してしまったり、いいことはありません。

その反対に、爪の伸ばしすぎもいけません!
爪が割れやすくなったり、また割れた場合に皮膚を傷める危険度が高まります。
また、長すぎる爪が歩行の邪魔をして、正しく歩けないこともあります。

足の爪のカットの仕方は、スクエアです。

再発防止という観点からすると、指の丸みに沿った形ではなく、
親指のラインとしては一直線で、また角が取れている状態がベストです。
爪先の両端は切らずに、爪先と皮膚が当たらない程度に残すといいでしょう。

美容に関心の高い女性は、ヤスリで整えていると思います。
巻き爪が心配な男性も、せめて足の親指だけはヤスリをおすすめします。
巻き爪用のヤスリもありますので参考にしましょう。

ヤスリはちょっと・・・というなら、巻き爪対策用の爪切りを使いましょう。

足に合ったサイズの靴を選んで履く

靴のサイズは自分の足より、ちょっと大きかったり、小さかったり・・・
というようなサイズを選ばず、しっかりと自分の足にフィットした靴を履きましょう。
長さも幅も、両方を合わせることが大切です。

これまで、脚を小さく見せようと無理していた方は、
是非一度、シューフィッターさんのいるショップで靴を選んでみるといいでしょう。
プロの靴選びの基準を確認してみるといいと思います。

既に外反母趾だという方も、自分の靴探しに活かして下さい。

また、女性はパンプスを履く機会も多いとおもいます。
パンプスを履くと、案外、足に合わない率が高いようです。
そんな人は、コンフォートパンプスを選ぶか、なるべく早めに履き替えなど
つま先に負担がかからないよう工夫するとよいでしょう。

ちなみに、自分の足に合った靴の基準は、靴の中に指先に10ミリ程余裕があるといいですね。
しかも、土踏まずがきちんと収まるような靴を探しましょう。

靴が小さすぎるとつま先を圧迫するのはよくお分かりだと思います。
しかし、逆に大きすぎても靴の中で足が遊んでしまいます。

足は左右の大きさが微妙に違う方も多いようです。
靴下を多少集めのものを履くか、靴にピッタリの中敷を使うのもいいでしょう。
posted by 巻爪直子 at 19:37| 巻き爪の再発予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。