2013年11月09日

巻き爪の原因

巻き爪ですか?
まずは、その原因を知りましょう。
よく何か体にトラブルがあると「遺伝」とかとピンとくる人もあるでしょう。

しかし、本当に糖尿病やがんにしても、その要素が大きいのか、
後天的な生活習慣による原因が大きいのか何だか判然としませんよね。

巻き爪も同様では、と考える毎日です。
であるならば、ちゃんと原因を知れば、対策が進みます。


巻き爪 治療

巻き爪 治療

一般には、
 ・深爪、つまり深く爪を切り過ぎていることです。
こうすると、指の爪の指先への負担が大きくなるからです。
従って、対策としては爪の切り方も親指はスクエアに切るように指導がされたりします。
実際には、そんな面倒なことをしなくても、巻き爪になっていない人はたくさんいます。

しかし、これまで爪を切る習慣が深爪気味で、
巻き爪の懸念がある人は親指の爪の切り方をつま先部分はストレートに、
そしてその両端を丸みを帯びるように切り込みましょう。

こうすれば靴下やストッキングを傷めることがありません。

次は、靴です。
靴は、多少足をスマートにしようと、いや勝手にはなりませんから、
見せかけだけでもスマートに見せたいと思う気持ちがあだとなります。

出来れば足の大きさにピタリとはまる、疲れない靴が多わけです。
しかし、なかなかその大きさを見いだすのにも、一苦労した人も多いのでは。

というのも、子どものころから成長が早い為に、親は大きめの靴を大抵は履かせてきました。
すると子どもは、感覚的にどんな大きさがいいのか、ピンと来ていないわけです。

私も同様でした。一種の錯覚か、思い込みでしょうが、
ほんとに歩きやすい靴に出会ったのは、革靴を買い始めて10年以上たってからです。

更に、ヒールの高さも注意が必要です。
あまりに高いと、つま先に負担がかかります。
巻き爪の原因を減らす意味で、高すぎるヒールは慎みましょう。
posted by 巻爪直子 at 20:07| 巻き爪原因と予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。